Wiki

LisBlogger - 図書館系ブログポータルWiki、公開(2008-09-27)

screenshot

ブログ「図書館情報学を学ぶ」を運営する常川真央さんが、LisBlogger - 図書館系ブログポータルWikiを公開した(2008-09-27)。

・LisBlogger - 図書館系ブログポータルWiki

http://www20.atwiki.jp/lis-blogger/

・図書館情報学を学ぶ

岡野裕行さん、Literary Museum Studies - wiki sideを公開(2008-08-22)

screenshot

岡野裕行さんがLiterary Museum Studies - wiki sideを公開した(2008-08-22)。

・Literary Museum Studies - wiki side

http://www39.atwiki.jp/literarymuseum/

電子情報技術産業協会が運営する言語情報処理ポータルで言語処理ポータルwikiを公開(2007-10-29)

screenshot

電子情報技術産業協会知識情報処理技術委員会が運営する言語情報処理ポータルで言語処理ポータルwikiを公開した(2007-10-29)。言語処理に関する国際会議の開催情報を集約しようとしているようだ。

・言語処理ポータルwiki

医学系図書館員による「リテリス:図書館員によるウェブ医学医療情報リソース選集」、リニューアル(2007-08-20)

screenshot

医学系図書館員による「リテリス:図書館員によるウェブ医学医療情報リソース選集」(LITERIS:Health Science Information Sites by Japanese Librarians)がリニューアルした(2007-08-20)。LITERISは2001年7月1日に公開されて以来、医学医療系図書館員に情報源として重宝されてきたが、長らくデザインや機能に変化がなかった。しかし、今回のリニューアルでは、

東京大学空間情報科学研究センターと日本建設情報総合センター、みんなで創る建設辞書「JCCS Wiki」を公開

東京大学空間情報科学研究センターと日本建設情報総合センターが、みんなで創る建設辞書「JCCS Wiki」を公開した(2007-06-22)。Wikipedia同様、誰でも書き込める参加型の百科事典となっている。

・みんなで創る建設辞書「JCCS Wiki」

http://jccswiki.csis.u-tokyo.ac.jp/

・東京大学空間情報科学研究センター

http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/

・日本建設情報総合センター

http://www.jacic.or.jp/

2007-04-28(Sat): ウェブで育む「中世」という枠組み?Medieval Studies in Japan(MSIJ)の試み

・Medieval Studies in Japan(MSIJ)

http://medievalstudiesinjapan.jot.com/

を主宰している赤江雄一さんから、サイトをご紹介いただいた。このサイトの狙いはトップページにあるように、

日本には、文学、歴史学、哲学、神学、音楽学、歴史言語学などの様々な学問分野において、ヨーロッパの中世をあつかう研究者と数多くの学会が組織されています。しかしながら、それらをまたぐ(overarching)な「中世学会」というものは存在していません。その結果、日本国内では、研究成果は、それぞれの分野の学会誌のなかで流通しており、それらの学会をまたいだ「中世学者」の交流は限られています。このウェブサイトMedieval Studies in Japan(MSIJ)は、それぞれの学問分野の蓄積を尊重しつつも、それを超えた「中世学」あるいは「中世研究」という大きな枠組みの必要性について述べるとともに、多様な研究分野間の交流を加速していくための活動の場として構想されました。

2006-12-27(Wed): Wikiの活用法(2)

2006-08-27(Sun)の編集日誌「Wikiの活用法」の続きとして、2つをメモ。

・ラテン語wiki

http://www.aeneis.net/latin/

・新島村・伊豆諸島及び小笠原諸島の文献・雑録リスト

http://homepage.mac.com/miyagi_iso14001/iiDB/

・2006-08-27(Sun)の編集日誌「Wikiの活用法」

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060829/1156787824

2006-08-27(Sun): Wikiの活用法

古谷大輔さんがWikiシステムを使ったプロジェクト形成のページを準備中という。

・プロジェクト形成のためのwikiシステム

http://gustav.air-nifty.com/furuya/2006/08/wiki_a1bc.html

・古谷大輔(歴史学・北欧史)のブログ

http://gustav.air-nifty.com/furuya/

すでにご存知かもしれないが、幾つか情報を。学術研究でのWikiの活用法については、『漢字文献情報処理研究』第5号(漢字文献情報処理研究会)に「Wiki・Weblogと人文学」という特集が掲載されている。

・『漢字文献情報処理研究』第5号(漢字文献情報処理研究会)

京都大学人文科学研究所、「啓蒙の運命」共同研究班のサイトを公開

京都大学人文科学研究所が「啓蒙の運命」共同研究班のサイトを公開した(2005-09-12)。共同研究は同研究所の富永茂樹さんを班長として行われており、サイトでは2005年4月の研究開始以降、研究班のメンバーが報告に用いた資料が公開されている。

・「啓蒙の運命」共同研究班

http://kyodo.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~lumieres/

・富永茂樹さんの研究紹介

http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/cgi-bin/gyoseki.cgi?name=tominaga.dat

・京都大学人文科学研究所

コンテンツ配信