東京大学大学院情報学環

東京大学大学院情報学環、第一次世界大戦期プロパガンダ・ポスター・コレクションを公開(2006-04-04)

東京大学大学院情報学環が第一次世界大戦期プロパガンダ・ポスター・コレクションを公開した(2006-04-04)。このポスター・コレクションは、同学環が所蔵するもので、現在661点が電子化されている。5年を要した電子化にあたっては、ポスターの印刷方法を確認する版式調査を行い、現在とは異なる独特の技術でつくられた第一次世界大戦期のポスターの実態を明らかにしている。この経緯は「Enterprise Watch」誌が詳しく伝えている。アーカイブの構築には同学環の吉見俊哉研究室が中心となってあたり、FileMaker社をはじめ、内外からの幅広い協力があったようだ。

・第一次世界大戦期プロパガンダ・ポスター・コレクション

http://archives.iii.u-tokyo.ac.jp/

・「東京大学大学院情報学環「戦争とメディア」研究プロジェクト デジタル・アーカイブ「第一次世界大戦期プロパガンダ・ポスター コレクション」のインターネットでの一般公開」(東京大学大学院情報学環、2006-04-05)

コンテンツ配信