機関リポジトリ

国立情報学研究所(NII)、IRDBコンテンツ分析システムを公開(2008-08-18)

screenshot

国立情報学研究所(NII)がIRDBコンテンツ分析システムを公開した(2008-08-18)。

・IRDBコンテンツ分析システム

http://irdb.nii.ac.jp/analysis/

・「IRDBコンテンツ分析システムを公開しました」(学術機関リポジトリ構築連携支援事業、2008-08-18)

長崎大学附属図書館、長崎大学学術研究成果リポジトリでRSSの配信を開始(2008-09-03)

screenshot

長崎大学附属図書館が長崎大学学術研究成果リポジトリでRSSの配信を開始した(2008-09-03)。

・長崎大学学術研究成果リポジトリNAOSITE(Nagasaki University's Academic Output SITE)

http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp/

国立情報学研究所(NII)、CiNiiから機関リポジトリ収録論文へのリンクを開始(2008-09-03)

screenshot

国立情報学研究所(NII)が、CiNiiから機関リポジトリ収録論文へのリンクを試験導入し(2008-08-07)、1ヶ月の試験運用後、正式に開始した(2008-09-03)。

・CiNii(NII論文情報ナビゲータ)

http://ci.nii.ac.jp/

・「CiNiiから機関リポジトリの論文にリンクする実験を行っています」(学術機関リポジトリ構築連携支援事業、2008-08-07)

2008-09-02(Tue): RIMS研究集会「紀要の電子化と周辺の話題」に参加

screenshot

ちょうどタイミングがあったので、

2008-09-02(Tue)?2008-09-03(Wed):

RIMS研究集会「紀要の電子化と周辺の話題」

(於・京都府/京都大学数理解析研究所)

http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2008/20080902.html

広島県大学図書館協議会、広島県大学共同リポジトリ(HARP)を正式公開(2008-04-30)

screenshot

広島県大学図書館協議会が広島県大学共同リポジトリ(HARP)を正式公開した(2008-04-30)。

・広島県大学共同リポジトリ(HARP)

http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/

設置・運営の母体である広島県大学図書館協議会は、広島県内の以下の25大学図書館で構成されており、

国立情報学研究所(NII)、「国立情報学研究所学術機関リポジトリデータベース収集方針」を公開(2008-05-28)

screenshot

国立情報学研究所(NII)が「国立情報学研究所学術機関リポジトリデータベース収集方針」を公開した(2008-05-28)。

・国立情報学研究所学術機関リポジトリデータベース収集方針【PDF】

http://www.nii.ac.jp/irp/archive/system/pdf/1_nii_irdb_shushu.pdf

2008-06-14(Sat): 平成19年度CSI委託事業報告交流会には行けなかったが……

screenshot

2008-06-12(Thu)?2008-06-13(Fri):

平成19年度CSI委託事業報告交流会?機関リポジトリ(IR)から広がる学術情報発信・流通:最新動向から課題解決まで

(於・東京都/学術総合センター)

http://www.nii.ac.jp/irp/event/2008/debrief/

2008-06-02(Mon): 総長の仕事?研究者としての一面を見せる

京都大学総長の尾池和夫さんが京都大学メールマガジンで「四川省の巨大地震」について語っている。

四川省の巨大地震は、活断層の再活動で起こった地震の中では、私の知る限り最大規模の地震である。

・「京都大学メールマガジン」23(京都大学秘書・広報室、2008-05-23)

現在総長を務める尾池さんだが、元来有数の地震学研究者であるだけに非常に詳しい解説となっている。文章の中でも語られているが、総長としての仕事のために京都と東京を往復する中で地震の発生を知り、手元にある情報でこの文章を書いたという。多忙極まりない総長の任にあっても、同時に一人の研究者である姿勢に感動を覚える。

さて、末尾にこうある。

1970年代を中心に行われた中国の地震予報の事業に関しては、現地での取材と中国の原資料からくわしく紹介したことがある。その最初の本『中国の地震予知』(NHKブックス)は、すでに絶版になっているが、京都大学の機関リポジトリに収録してある。

(2008年5月21日、のぞみ号の車中にて)

京都大学学術情報リポジトリ 尾池和夫著『中国の地震予知』

2008-05-08(Thu): システムとしてみた機関リポジトリ

screenshot

katz3さんが、

・「分相応なシステム」(図書館断想、2008-05-06)

http://d.hatena.ne.jp/katz3/20080506

・「ブクマコメント返信と『学術コミュニケーションにおける著作権問題』」(図書館断想、2008-05-07)

静岡大学附属図書館、静岡大学学術リポジトリを正式公開(2008-04-01)

screenshot

静岡大学附属図書館が静岡大学学術リポジトリ(SURE: Shizuoka University REpository)を正式公開した(2008-04-01)。

・静岡大学学術リポジトリ(SURE: Shizuoka University REpository)

http://ir.lib.shizuoka.ac.jp/

・静岡大学附属図書館

コンテンツ配信