機関リポジトリ

福島大学附属図書館、福島大学学術機関リポジトリを試験公開

screenshot

福島大学附属図書館が福島大学学術機関リポジトリを試験公開した(2007-12-10)。使用ソフトはDSpaceで、現時点で約50点の研究成果が収められている。

・福島大学学術機関リポジトリ

http://ir.lib.fukushima-u.ac.jp/

・福島大学附属図書館

琉球大学附属図書館、琉球大学学術リポジトリを正式公開

screenshot

琉球大学附属図書館が琉球大学学術リポジトリを正式公開した(2007-11-16)。正式公開時点での収録件数は約1400点という。2007年3月1日の試験公開の際は約100点の研究成果しか収録されていないかったことを思えば、まずは順調な滑り出しといえるのだろう。ちなみに、これまでの動向は以下の通り。

大阪教育大学附属図書館、大阪教育大学リポジトリを公開(2007-11-01)

screenshot

大阪教育大学附属図書館が大阪教育大学リポジトリを公開した(2007-11-01)。使用ソフトはDSpace。現時点では「大阪教育大学紀要」を中心に約450点の研究成果が収められている。

・大阪教育大学リポジトリ

http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp:8080/dspace/

・大阪教育大学附属図書館

小樽商科大学附属図書館、小樽商科大学学術成果コレクション(Barrel)試行版を公開(2007-11-07)

screenshot

小樽商科大学附属図書館が小樽商科大学学術成果コレクション(Barrel)試行版を公開した(2007-11-07)。使用ソフトはDSpace。現時点で約45点の研究成果が収められている。また、新規登録のデータをRSSで配信している。

・小樽商科大学学術成果コレクション(Barrel)試行版

福井大学附属図書館、福井大学学術機関リポジトリを公開

screenshot

福井大学附属図書館が福井大学学術機関リポジトリ(University of Fukui Repository: UFR)を公開した(2007-09-28)。使用ソフトはDspace。研究紀要を中心に約350点の研究成果を収めている。

・福井大学学術機関リポジトリ(University of Fukui Repository: UFR)

岩手大学情報メディアセンター図書館、岩手大学リポジトリを公開

screenshot

岩手大学情報メディアセンター図書館が岩手大学リポジトリを公開した(公開日不明)。「教育実践総合センター研究紀要」を中心に約30点の研究成果を収録している。収録点数や使い勝手については、他の機関リポジトリと同様に課題が多いが、二点感心するところがある。

一つはトップページの上部に「岩手の“大地”と“ひと”と共に」という大学のモットーと大学の公式キャラクターである「がんちゃん」が掲載されていることだ。大学のブランディングとして意味のあることだろう。ただし、それぞれの概要がわかるページにリンクするともっとわかりやすいだろう。だが、

宮崎大学附属図書館、宮崎大学学術情報リポジトリを公開

screenshot

宮崎大学附属図書館が宮崎大学学術情報リポジトリを公開した(2007-08-23)。「宮崎大学工学部紀要」や「宮崎大学農学部研究報告」を中心に現時点で約300点の研究成果を収めている。使用ソフトウェアはDSpace。

・宮崎大学学術情報リポジトリ

http://ir.lib.miyazaki-u.ac.jp/dspace/

・「一般公開開始!」

信州大学附属図書館、信州大学学術情報オンラインシステム(SOAR)を正式公開

screenshot

信州大学附属図書館が信州大学機関リポジトリ(SOAR-IR)と信州大学研究者総覧(SOAR-RD)で構成される信州大学学術情報オンラインシステム(SOAR)を正式公開した(2007-08-01)。なお、お知らせによれば、

・「大学の学術研究成果発信に最適な総合学術情報システムを開発、全世界へ無償提供」(信州大学附属図書館、2007-03-15)

国立情報学研究所(NII)、次世代学術コンテンツ基盤共同構築事業の平成19年度委託事業の追加委託大学を発表

screenshot

国立情報学研究所(NII)が次世代学術コンテンツ基盤共同構築事業の平成19年度委託事業の追加委託大学を発表している(発表日不明)。新たな追加委託大学は以下の13大学。

奈良文化財研究所、奈良文化財研究所学術情報リポジトリを公開

screenshot

奈良文化財研究所が奈良文化財研究所学術情報リポジトリを公開している(公開日不明)。使用ソフトはXooNIps。奈文研ニュース、平城宮発掘調査出土木簡概報などの研究成果が収められている。

・奈良文化財研究所学術情報リポジトリ

http://repository.nabunken.go.jp/

・奈良文化財研究所

コンテンツ配信