江戸東京博物館

2006-02-16(Thu): 図書館サイトは、一工夫でさらに向上する

専門図書館のサイトをときおりみてまわるが、江戸東京博物館図書室のサイトが充実してきている。特にレファレンス事例集がいい。このレファレンス事例集は国立国会図書館が運営しているレファレンス共同データベースに参加しており、レファレンス共同データベースからも江戸東京博物館図書室のレファレンス事例を検索・閲覧できるようになっている。

話がそれてしまうが、レファレンス共同データベースは非常に意義のあるプロジェクトだと思うが、レファレンス共同データベースというサイト自体にはまだ課題が多い。まずはレファレンス事例を有する各地の図書館がもっと参加したくなるようなサイトづくり、極端なことをいえば、自館のサイトでのレファレンス事例の公開をとりやめ、レファレンス共同データベースにリンクしたくなるくらいのサイトをつくらなくては、画期的に便利なものとはならないのではないか。参加館を爆発的に増やすには、サイトのインターフェースや機能がもう一段便利で役に立つものにならなければいけないだろう。せっかくの大規模な事業であるだけに、現状にはもったいない、という印象を受けている。

さて、江戸東京博物館図書室の話に戻ると、随所にもう一工夫があれば、もっと役立つものになると感じさせられる。

江戸東京博物館、図書室の蔵書検索(OPAC)を公開

江戸東京博物館図書室の蔵書検索(OPAC)が公開された(公開日不明)。

・江戸東京博物館図書室の蔵書検索(OPAC)

http://edo-tokyo-museum-lib.opac.jp/

・江戸東京博物館

http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

コンテンツ配信