海洋研究開発機構(JAMSTEC)

海洋研究開発機構(JAMSTEC)、地球環境フロンティア研究センターで広報・報道対応にあたる事務専任スタッフを募集

海洋研究開発機構(JAMSTEC)が地球環境フロンティア研究センターで広報・報道対応にあたる事務専任スタッフを募集している。

業務内容は、

  1. プレス取材対応、プレス発表対応
    • 研究成果のプレス発表資料の取りまとめ、取材対応、各種調整
  2. 映像化協力、刊行物作成、ホームページ管理
    • 画像手配、撮影等立会、ホームページ作成、プレス発表掲載、フロンティアニュースの発刊
  3. 広報イベント対応
    • 成果発表会、講演会等のイベント企画・立案、調整及びイベント主催業務

で、応募資格は、

  1. 大卒以上
  2. 広報企画、立案の業務に従事した経験。
  3. ホームページ作成については基本的な能力を有すること。
  4. 海洋・地球科学研究に対する興味関心。
  5. 国際会議・ワークショップの開催に関する業務に従事した経験。
  6. 業務遂行に支障のない英語力(目安:英検準2級程度)。

の6点。

海洋研究開発機構(JAMSTEC)、地球観測データ統合・解析プロダクト試験公開・提供サイトでサンプルデータを公開、アンケートを開始

screenshot

海洋研究開発機構(JAMSTEC)が地球観測データ統合・解析プロダクト試験公開・提供サイトでサンプルデータを公開し(2008-01-22)、アンケートを開始した(2008-01-23)。この地球観測データ統合・解析プロダクト試験公開・提供サイト自体は2007年10月22日に公開されている。

さて、公開されたデータは以下の通り。

極限環境生物圏研究センター、サイトをリニューアル(2007-11-02)

screenshot

海洋研究開発機構(JAMSTEC)の極限環境生物圏研究センターがサイトをリニューアルした(2007-11-02)。

・極限環境生物圏研究センター

http://www.jamstec.go.jp/xbr/

・海洋研究開発機構(JAMSTEC)

海洋研究開発機構(JAMSTEC)、広報事務総合職の経験者を募集

海洋研究開発機構(JAMSTEC)が広報事務総合職の経験者を募集している。主な業務は、

  1. 広報全般(機構内外関係者との調整も含む)、海洋科学技術に係わる理解増進
  2. 一般向けセミナー・シンポジウム・講演会等の総括

募集人員は2名で応募資格は、

  1. 募集職種の該当業務の実務経験3年以上
  2. 年齢35歳位まで

応募締切は特になく、採用予定数を充足した時点で締め切られる。

・海洋研究開発機構(JAMSTEC) - 広報事務総合職 経験者採用募集要項

http://www.jamstec.go.jp/j/about/recruit/jinji_20070802_10.html

JAMSTECメールマガジン、第200号に到達

海洋研究開発機構(JAMSTEC)が発行する「JAMSTECメールマガジン」が第200号に到達した(2007-06-25)。「JAMSTECメールマガジン」は当初は「JAMSTEC MailNews」として創刊され(2001-11-14)、第150号(2005-07-11)から現在の名称に変更されている。当初は月に2?3回、改称後は月2回の発行頻度を維持し、今回の第200号到達となった。独立行政法人のメールマガジンとしては、労働政策研究・研修機構(JILPT)の「メールマガジン労働情報」に次いで長期に渡るメールマガジンだろう。今後も発行を継続してほしい。

・「JAMSTECメールマガジン」第200号(2007-06-25)

http://www.jamstec.go.jp/j/pr/mailmagazine/jamstec/backnumber/2007/No_200.html

・「JAMSTEC MailNews」創刊号(2001-11-14)

独立行政法人海洋研究開発機構地球環境観測研究センター、事務専任スタッフを募集

独立行政法人海洋研究開発機構の地球環境観測研究センターが事務専任スタッフを募集している。業務内容として、

  1. 国内外の関係協力研究機関との円滑な業務遂行のための調整及び交渉
  2. 外部資金公募、受託研究の管理
  3. 研究成果の管理、広報活動、ホームページ管理に係わる業務
  4. その他研究支援に係わる業務

の4項目が掲げられており、3番目に「ホームページ管理に係わる業務」が含まれている。

雇用形態は1年契約の任期制職員。最長で2回の契約更新がありうる。応募資格は詳細に定められているので、サイトを直接参照してほしい。締切は7月9日。

・地球環境観測研究センター事務専任スタッフ公募募集要項

http://www.jamstec.go.jp/iorgc/about/career/2007/ft3.html

海洋研究開発機構(JAMSTEC)、ジャムステック・キッズを公開

海洋研究開発機構(JAMSTEC)がサイトをリニューアルした際に子ども向けサイト「ジャムステック・キッズ」を公開した(2007-03-28)。地球深部探査船「ちきゅう」をはじめ、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の業務内容、深海生物の画像や動画が子ども向けに提供されている。

・ジャムステック・キッズ

http://www.jamstec.go.jp/j/kids/

・海洋研究開発機構(JAMSTEC)

http://www.jamstec.go.jp/

・「海洋研究開発機構(JAMSTEC)、サイトをリニューアル」(新着・新発見リソース、2007-04-10)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070410/1176137247

海洋研究開発機構(JAMSTEC)、Web管理職員(専門職)他の経験者を募集

海洋研究開発機構(JAMSTEC)が大規模な中途採用を行っている。募集は12職種に渡るが、なかでも

  1. Web管理職員(専門職)
  2. 計算機システム運用職員(専門職)
  3. 計算機システム開発職員(専門職)
  4. 図書管理職員(専門職)
  5. 広報事務総合職

あたりは本誌読者の関心に近いかもしれない。なお、基本的には3年の任期付での採用となる。職種によっては任期の延長や正職員への登用の可能性がある。待遇は目安として「平均年間給与額(20代400万円程度、30代700万円程度、40代900万円程度)」という条件が示されている。

・独立行政法人海洋研究開発機構 Web管理職員(専門職) 経験者採用募集要項

http://www.jamstec.go.jp/jamstec-j/JINJI/2007/web.html

・独立行政法人海洋研究開発機構 計算機システム運用職員(専門職) 経験者採用募集要項

海洋研究開発機構(JAMSTEC)、サイトをリニューアル

海洋研究開発機構(JAMSTEC)がサイトをリニューアルした(2007-03-28)。最近の流行である更新情報を中心にしつつ、ページの左右や上部に他のコンテンツへ誘導するメニューを配している。

・海洋研究開発機構(JAMSTEC)

http://www.jamstec.go.jp/

・過去の海洋研究開発機構(JAMSTEC)(Internet Archive)

http://web.archive.org/web/*/http://www.jamstec.go.jp/

海洋研究開発機構(JASMETEC)、参加型教育プログラム「Sand for Students」のサイトを公開

海洋研究開発機構(JAMSTEC)が参加型教育プログラム「Sand for Students」のサイトを公開した(2007-02-08)。このプログラムは、主に中学生・高校生を対象に身近な河川や海岸で砂を採集し最終的に世界規模の砂のデータベースを構築するもので、採集のためのフィールドワークを中心に一連のプロセスを通して科学への理解を深めることを目的としている。

サイトでは砂の分類方法や分析方法、そしてこのプログラムによって採集された国内4河川の砂の分析データを紹介している。

・Sand for Students

http://www.sand4students.net/

・海洋研究開発機構(JAMSTEC)

http://www.jamstec.go.jp/

コンテンツ配信