海洋研究開発機構(JAMSTEC)

2006-12-06(Wed): メールマガジンの活用法

理想的と思えるメールマガジンの使い方を二つ紹介したい。

一つは海洋研究開発機構(JAMSTEC)の「JAMSTECメールマガジン」である。第185号(2006-11-10)の編集後記に「「海のほしと私たち」について」と題した一文が掲載されている。全文を引こう。

海洋研究開発機構のウェブページには、研究成果の公開など様々なページがありますが、今回は、その中でもわかりやすく楽しめるページのひとつ、「海のほしと私たち」を紹介します。

このコンテンツは、海を素材とした総合学習の導入のためのユニークなプログラム集です。生き物、気候変動、地球の歴史など、合計38テーマを用意しています。

テーマ項目を「すぐできる」、「じっくりやる」の2つにわけ、関連する追加情報を「もっと知る」として設けています。

例えば、「深海生物を食べる」というテーマでは、深海生物がどんな料理に使われているかを考え、実際に自分たちで調理し、浅場の魚と比べ、食感がどのように違うのか、感想を出し合うことを提案しています。

この『海のほしと私たち』により、子どもたちが自らの経験を通じて「楽しく刺激的な探検」ができることを心から願っています。

海洋研究開発機構(JAMSTEC)、計算システム計画・運用部のサイトを公開

海洋研究開発機構(JAMSTEC)が計算システム計画・運用部のサイトを公開した(2006-08-21)。世界最大規模のスーパーコンピューターである地球シミュレータの運用情報と利用者向けのサポート情報を提供している。また、地球シミュレータ研究成果データベースも公開されている。

・計算システム計画・運用部(地球シミュレータのご利用について)

http://www.jamstec.go.jp/jamstec-j/spod/

・海洋研究開発機構(JAMSTEC)

http://www.jamstec.go.jp/

コンテンツ配信