理化学研究所

理化学研究所、脳科学総合研究センターの研究員またはリサーチアソシエイト(アウトリーチ担当)を募集(?2009-10-30)

理化学研究所が脳科学総合研究センターの研究員またはリサーチアソシエイト(アウトリーチ担当)を募集している(?2009-10-30)。

職務内容はアウトリーチ担当で、「当センターの研究に関する情報を整理し、一般の方や他研究機関等に向けて発信する仕事です。科学ニュースの執筆や科学イベント等の企画・運営、ウェブページやパンフレット等の広報物の制作が主な業務となります」と説明されている。

応募資格は、

  1. 神経科学に関する素養、理解力を有し、科学的な内容を一般向けに分かりやすく解説できること(神経科学における博士号取得者が望ましい)
  2. 英語の原著論文を読み、平易に解説するための読解力、文章力があること
  3. 科学展示や広報物制作を自ら企画・運営したことがあること
  4. 円滑なチームワークを遂行するためのコミュニケーションができること

の4点。

雇用形態は、年度契約の任期制職員で、評価により最長5年までの更新がありうる。また、さらなる延長の可能性があるとされている。

なお、博士の学位を有している場合は研究員としての待遇、有していない場合はリサーチアソシエイトとしての待遇となる。

理化学研究所の発生・再生科学総合研究センター(CBD)、CDB podcastを公開(公開日不明)

screenshot

理化学研究所の発生・再生科学総合研究センター(CBD)がCDB podcastを公開した(公開日不明)。

・CDB podcast

http://www.cdb.riken.jp/CDBpodcast/

・理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター(CBD)

理化学研究所、サイトをリニューアル

screenshot

理化学研究所がサイトをリニューアルした(2008-02-01)。

・理化学研究所

http://www.riken.go.jp/

理化学研究所脳科学総合研究センター、創立10周年記念事業オフィシャルサイトを公開

理化学研究所脳科学総合研究センターが創立10周年記念事業オフィシャルサイト(10th BSI ゆめみる脳科学)を公開している(公開日不明)。理化学研究所脳科学総合研究センターは1997年10月に発足しており、この2007年に創立10周年を迎える。サイトでは、小中高生を対象にした絵画・作文コンクール等、10周年を記念した事業が紹介されている。なお、2007年10月に開催されるイベント「脳科学のひろば」で、脳科学の歴史や現在、未来を織り込んだ「脳科学世界地図」を発表するという。ぜひ、この記念サイトでも公開してほしい。

・創立10周年記念事業オフィシャルサイト(10th BSI ゆめみる脳科学)

http://www.noukagaku10.jp/

・理化学研究所脳科学総合研究センター

http://www.brain.riken.jp/index_j.html

・理化学研究所

理化学研究所、子ども向けオンラインゲーム「CDBラボパニック」を公開(2007-05-01)

理化学研究所発生・再生科学総合研究センターが子ども向けのオンラインゲーム「CDBラボパニック」を公開した(2007-05-01)。ピペット操作など、実験形式の8種類のゲームを楽しみながら、科学知識を養うことができる。

なお、サイトの下のほうにある「Info.」をクリックすると、企画・ディレクションと、デザイン・制作にあたった関係者の氏名が表示される。

・CDBラボパニック

http://www.cdb.riken.jp/webgame-j/

・「「CDBラボパニック」を公開」(理化学研究所神戸研究所発生・再生科学総合研究センター、2007-05-01)

http://www.cdb.riken.go.jp/jp/04_news/articles/070501_labpanic.html

理化学研究所、「発生と再生?見えてきた細胞たちの振る舞い」を公開(公開日不明)

理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(理研CDB)が「発生と再生?見えてきた細胞たちの振る舞い」を公開した(公開日不明)。これは2006年5月に発行された同名の冊子を電子化したもので、

  1. 発生のドラマ
  2. 再生の不思議
  3. 加速する再生医療

という3本立て構成で発生、再生、再生医療分野の研究内容をわかりやすく紹介している。他に若手研究者による対談「30年後の発生生物学」もあり、この分野への興味をかきたてる内容となっている。

サイトでは冊子に盛り込めなかった動画や双方向コンテンツが盛り込まれているという。せっかく作った冊子を無駄にしない有効な活用方法といえるだろう。

なお、閲覧にはMacromedia Flash Player 8以上が必要。

・発生と再生?見えてきた細胞たちの振る舞い

http://www.cdb.riken.jp/jp/millennium/

・発生・再生科学総合研究センター(理研CDB)

理化学研究所、ウェブ版と印刷版を連動させたRIKEN RESEARCHを創刊(創刊日不明)

理化学研究所が研究成果の広報誌「RIKEN RESEARCH」をウェブ版と印刷版の二媒体で創刊した(創刊日不明)。内容は日英両語で発信されている。毎週金曜日に更新されるウェブ版の記事から、その一部を冊子として発行するという。なお、サイトで理事長の野依良治さんによる創刊の辞が公開されている。

・RIKEN RESEARCH

http://www.rikenresearch.riken.jp/japan/

・「RIKEN RESEARCH創刊に寄せて」

http://www.rikenresearch.riken.jp/japan/about/

・理化学研究所

http://www.riken.jp/

2006-11-19(Sun): メールマガジン「理研ニュース」を発見

おそらくいまさらなのだろうが、理化学研究所が「理研ニュース」というメールマガジンを発行していたことを知った。気づいていないこと、知らないままでいることは実に多い。

・メールマガジン「理研ニュース」

http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/news/mailmag/

・理化学研究所

http://www.riken.go.jp/

理化学研究所、ゲノムデータベースの検索ソフト「オミックブラウズ(OmicBrowse)」を公開

理化学研究所横浜研究所ゲノム科学総合研究センター生命システムデータベースチームらがゲノムデータベースの検索ソフト「オミックブラウズ(OmicBrowse)」を公開した(2006-11-01)。解析されたゲノムデータを検索し、可視化できる。このソフトがGNUのGPLに基づき、オープンソースのソフトウェアとして公開されていることは特筆に価するだろう。なお、「Bioinformatics」誌に「OmicBrowse: a browser of multidimensional omics annotations」と題した、開発者らによる紹介記事が掲載されている。

・Genome-Phenome Superbrain Project (GPSP)

http://omicspace.riken.jp/

・ダウンロードページ

理化学研究所、タンパク質立体構造予測データベース「RIKEN FAMSBASE」を公開

理化学研究所がタンパク質立体構造予測データベース「RIKEN FAMSBASE」を公開した(2006-09-28)。これはタンパク質立体構造のデータを引き出せるデータベースで、その立体構造について既知のタンパク質のデータに基づいて予測した構造未知のタンパク質のデータを検索できるということのようだ。しかし、理化学研究所のプレスリリースは専門的過ぎて理解が追いつかない。もう少し一般のレベルを考慮してもらえないだろうか。

なお、このデータベースは文部科学省が進めるタンパク3000プロジェクトに参加する同研究所ゲノム科学総合研究センタータンパク質構造・機能研究グループの制作。

・RIKEN FAMSBASE

http://famshelp.gsc.riken.jp/famsbase/

・「 タンパク質立体構造予測データベースを全世界に公開 ?創薬研究の活性化や新規機能性生体物質の創製に向けて?」概要(プレスリリース、2006-09-28)

コンテンツ配信