科学技術振興機構(JST)

2007-12-17(Mon): 大学入試センターの情報提供事業のあり方?独立行政法人の統廃合問題に関連して

大学入試センターの情報提供事業のあり方について考えている。独立行政法人大学入試センター法では同センターの業務を以下のように定めている。

  1. 大学に入学を志願する者の高等学校の段階における基礎的な学習の達成の程度を判定することを主たる目的として大学が共同して実施することとする試験に関し、問題の作成及び採点その他一括して処理することが適当な業務を行うこと。
  2. 大学の入学者の選抜方法の改善に関する調査及び研究を行うこと。
  3. 大学に入学を志望する者の進路選択に資するための大学に関する情報の提供を行うこと。

この3番目に情報提供として、大学入試センターが提供しているのが「大学進学案内(ハートシステム)」である。

・大学進学案内(ハートシステム)

http://www.heart.dnc.ac.jp/

科学技術振興機構(JST)、「産学官の道しるべ」で「産学官連携データブック」を公開

screenshot

科学技術振興機構(JST)が「産学官の道しるべ」で「産学官連携データブック」を公開した(2007-11-26)。行政資料を再構成し、産学官連携の実態をまとめている。毎週月曜と水曜に更新されており、現時点で

  1. 大学の研究成果から産まれる発明件数
  2. 特許出願件数
  3. 特許の実施権ライセンス(技術移転)件数
  4. 特許権の実施権ライセンス収入
  5. 特許出願件数の推移

が公開されている。

・産学官連携データブック

科学技術振興機構(JST)、研究者用広告専用サイト「CoALa」を正式公開(2007-10-01)

screenshot

科学技術振興機構(JST)が研究者用広告専用サイト「CoALa」を正式公開した(2007-10-01)。すでに2007年7月17日に公開されていたようだが、正式公開は10月1日になるという。

研究者、技術者向けに研究機器、試薬、実験資材等の商品の広告、機関の情報、機関のホームページへのリンク等掲載して、研究開発に関する情報を集約する場を提供することによって、研究者とメーカー、販売会社等が容易に交流でき、より研究開発が発展するように設立したサイト

・研究者向け広告専用サイト「CoALa」 について

科学技術振興機構(JST)、「産学官の道しるべ」をリニューアル

screenshot

科学技術振興機構(JST)が「産学官の道しるべ」をリニューアルした(2007-09-14)。「産学官の道しるべ」は元々は2005年1月28日に公開された産学官連携.jpが徐々に姿を変えた情報提供型サイトだったが、今回のリニューアルで情報投稿の受付を強化しコミュニティー性を高めている。

科学技術振興機構(JST)、2007(平成19)年度電子アーカイブ対象誌の選定結果を発表(2007-07-26)

screenshot

科学技術振興機構(JST)が2007年度(平成19年度)の電子アーカイブ対象誌の選定結果を発表した(2007-07-26)。これは学術雑誌のすべてのバックナンバーを電子化して公開するJournal@rchiveの収録誌を決定するもので、2007年度は和文誌22誌、英文誌12誌、和欧混載誌24誌の合計58誌が選ばれている。今年度の特徴は人文社会の学術誌が多数選定されたことだろう。今回選定された人文社会の学術誌は以下の通り。

科学技術振興機構(JST)、SciencePortal(サイエンスポータル)をリニューアル

科学技術振興機構(JST)がSciencePortal(サイエンスポータル)をリニューアルした(2007-07-12)。2006年6月7日に公開されたSciencePortal(サイエンスポータル)は、2006年10月11日にリニューアルしており、今回のリニューアルは2回目となる。こまめにサイトを改善する意味は否定しないが、それにしても1年間で2回のリニューアルは多すぎる。実際、リニューアルといっても基本的にはデザインの変更に留まっており、新たな機能が大幅に追加されたというわけでもない。SciencePortal(サイエンスポータル)には少なからぬ資金と人員が投じられていることだろう。科学技術振興機構(JST)には、SciencePortal(サイエンスポータル)の運営方法をもう少し考えてほしい。

・Science Portal(サイエンスポータル)

http://www.scienceportal.jp/

・Science Portal(サイエンスポータル)の過去のサイト

科学技術振興機構(JST)、「サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト/理数系教員指導力向上研修」のサイトをリニューアル

科学技術振興機構(JST)が「サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト/理数系教員指導力向上研修」のサイトをリニューアルした(2007-06-22)。

・サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト/理数系教員指導力向上研修

http://spp.jst.go.jp/

・科学技術理解増進事業

http://www.jst.go.jp/rikai/

・科学技術振興機構(JST)

http://www.jst.go.jp/

科学技術振興機構(JST)、かがくナビを公開

科学技術振興機構(JST)が主に中学生を対象とした科学サイト「かがくナビ」を公開した(2007-06-01)。読み物記事やブログ、学習素材などで構成されている。制作・運用しているのは、同機構の科学技術理解増進部メディア課。

・かがくナビ

http://www.kagakunavi.jp/

・「かがくナビの制作と運用について」(2007-06-01)

http://www.kagakunavi.jp/information/show/6

科学技術振興機構(JST)

http://www.jst.go.jp/

科学技術理解増進部

科学技術振興機構(JST)、研究者人材データベース(JREC-IN)をリニューアル

科学技術振興機構(JST)が研究者人材データベース(JREC-IN)をリニューアルした(2007-05-23)。

・研究者人材データベース(JREC-IN)

http://jrecin.jst.go.jp/

・科学技術振興機構(JST)

http://www.jst.go.jp/

科学技術振興機構(JST)、データベースの横断検索を公開

科学技術振興機構(JST)がデータベースの横断検索機能を公開した(2007-05-10)。科学技術振興機構(JST)が運営するデータベースのうち、

  1. 文献情報データベース(JDreamII)
  2. 日本化学物質辞書
  3. 研究開発支援総合ディレクトリ(ReaD)
  4. 研究成果展開総合データベース(J-STORE)
  5. 研究者人材データベース(JREC-IN)
  6. WEBラーニングプラザ
  7. 失敗知識データベース
  8. J-STAGE
  9. Journal@rchive

を同時に横断検索できる。

・科学技術振興機構(JST)

http://www.jst.go.jp/

・データベース検索とは?

コンテンツ配信