アンケート

国立情報学研究所(NII)、CiNiiのサービスに関するアンケートを公開(2009-02-03)

screenshot

国立情報学研究所(NII)がCiNiiのサービスに関するアンケートを公開した(2009-02-03)。

・CiNiiのサービスに関するアンケート - 平成20年の結果

http://ci.nii.ac.jp/cinii/pages/enquete/cinii2008/result.html

国立国会図書館、平成20年度遠隔利用者アンケート結果を公開(2008-12-25)

screenshot

国立国会図書館が平成20年度遠隔利用者アンケート結果を公開した(2008-12-25)。

・平成20年度遠隔利用者アンケート結果

http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/enquete2008_03.html

・国立国会図書館における利用者アンケート

インターネットコムとアイブリッジ、「図書館とインターネット」に関する調査結果を発表(2008-12-09)

screenshot

インターネットコムとアイブリッジが「図書館とインターネット」に関する調査結果を発表した(2008-12-09)。

・「図書館のインターネットサービス、当たり前の時代に」(japan.internet.com、2008-12-08)

http://japan.internet.com/research/20081208/1.html

国立情報学研究所(NII)、CiNiiのサービスに関するアンケートを開始(2008-09-29)

screenshot

国立情報学研究所(NII)がCiNiiのサービスに関するアンケートを開始した(2008-09-29)。

・CiNiiのサービスに関するアンケート

https://cattools.nii.ac.jp/cgi-bin/enq/enquete.cgi/cinii2008/

・CiNii

科学技術振興機構(JST)、「情報管理Web」利用者アンケートを開始(2008-10-01)

screenshot

科学技術振興機構(JST)が「情報管理Web」利用者アンケートを開始した(2008-10-01)。

・「情報管理Web」利用者アンケート調査へのご協力のお願い

http://www.johokanri.jp/enquete/

・情報管理Web

国立国会図書館、サイト上の各コンテンツでアンケートを開始(2008-07-15)

screenshot

国立国会図書館がトップページをはじめ、サイト上の各コンテンツでアンケートを開始している(2008-07-15)。中心的なアンケートは、

・平成20年度 国立国会図書館ホームページアンケート(7月15日?9月30日)

http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/enquete.html

・国立国会図書館

国立情報学研究所(NII)、博士論文のニーズ調査(利用面・発信面)アンケートを開始(2008-05-26)

screenshot

国立情報学研究所(NII)が博士論文のニーズ調査(利用面・発信面)アンケートを開始した(2008-05-26)。

・博士論文のニーズ調査(利用面・発信面)アンケート

日本女子大学図書館、サイトをリニューアル

screenshot

日本女子大学図書館がサイトをリニューアルした(2007-09-20)。トップページに

大学図書館では平成18年度実施の図書館利用者アンケート結果から課題を抽出し、可能なところから改善に取り組んでいます。

国立情報学研究所(NII)、CiNiiのサービスに関するアンケートを実施

screenshot

国立情報学研究所(NII)がCiNiiのサービスに関するアンケートを開始している(2007-10-16)。アンケート期間は2007年10月16日(火)から2007年11月15日(木)まで。ちなみに、昨年もアンケートが行われ結果が公開されている。

・「国立情報学研究所(NII)、CiNiiのサービスに関するアンケート結果概要を公開」(新着・新発見リソース、2006-11-24)

労働政策研究・研修機構(JILPT)、「メールマガジン労働情報」読者アンケート調査結果を公開

労働政策研究・研修機構(JILPT)が「メールマガジン労働情報」読者アンケート調査結果を公開した(2007-04-27)。「メールマガジン労働情報」では定期的に読者アンケートを実施し、かつその結果を公表している。今回公開されたのは、2007年1月22日から3月1日にかけて実施したアンケートの結果で約2万4000人の読者のうち590人から回答を得たという。有効回答数は前年度のアンケートより微増している(552人→590人)。だが、前回も指摘したように、

回収率の低さが意味するように、回答の大部分がメールマガジンに好意的な読者によってなされてることに注意したい。今後は非回答者に対する追加調査なども必要だろう。

・「労働政策研究・研修機構、「メールマガジン労働情報」読者アンケート結果を公開」(新着・新発見リソース、2006-04-16)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060416/1145167647

コンテンツ配信