開催イベント

2009-02-26(Thu): 第3回ARGカフェ&ARGフェスト@京都?参加者の感想(1)

・「第3回ARGカフェ&ARGフェスト@京都を開催」(編集日誌、2009-02-21)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090223/1235322980

第3回ARGカフェ&ARGフェスト@京都の参加者や登壇者が続々と感想をブログに書いてくれている。把握している限り、まとめて紹介しておこう。

・「ARGカフェ参加」(Cosi e la vita、2009-02-21)

http://www.team1mile.com/asarin/tdiary/?date=20090221#p02

・「ARGカフェ(01)Wikipedia」(やまもも書斎記、2009-02-22)

2009-02-15(Sun): 今週の予定?TRCライブラリー・アカデミー最終回、NEC図書館研究会、レファレンス協同データベース事業フォーラム、第3回ARGカフェ&ARGフェスト@京都

今週は多忙。

水曜日は、

2009-02-18(Wed):

ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン2008」第6回「レファレンス再考」演習

(於・東京都/図書館流通センター(TRC)本社)

http://www.trc.co.jp/top_info/academy.html

がある。いよいよ最終回。なお、第4回「OPAC再考」演習には、2名のゲストにお越しいただいたが、今回もゲスト登場の予定。

・「ライブラリー・アカデミーに参加する」(簡単な日記、2009-01-22)

http://kamata.lib.teu.ac.jp/~tanabe/diary/20090122.html#p01

2009-02-13(Fri): ライトニングトークのコツ?

・「第3回ARGカフェ&ARGフェスト@京都への招待(2/21(土)開催)」(編集日誌、2009-01-18)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090119/1232321266

がほぼ1週間後に迫ったわけだが、

・「ライトニングトークの樹の下には魔性が潜んでおる。」(egamiday3、2009-02-10)

http://egamiday3.seesaa.net/article/113999365.html

に刺激されて一言メモ。

ちょうど登壇者向けにガイダンスを送るところなのだが、今回は以下のような注意点を挙げておいた。

2009-02-12(Thu): 第3回ARGカフェ&ARGフェスト@京都の参加申し込みは〆切り

・「第3回ARGカフェ&ARGフェスト@京都への招待(2/21(土)開催)」(編集日誌、2009-01-18)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090119/1232321266

のうち、第1部にあたるARGカフェ(ライトニングトーク)は参加申し込みが定員に達したため、受付を〆切りました。多数のお申し込みありがとうございます。

なお、第2部にあたるARGフェスト(懇親会)はまだ10席程度の空きがあります。第2部からの参加をご希望の方は、引き続きお申し込みください。

ご参加いただける方は、

・「第3回ARGカフェ&ARGフェスト@京都への招待(2/21(土)開催)」(編集日誌、2009-01-18)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090119/1232321266

2009-02-09(Mon): 第3回ARGカフェ@京都のライトニングトーク登壇者1名確定?東島仁さん(京都大学大学院)

さて、

・「第3回ARGカフェ&ARGフェスト@京都への招待(2/21(土)開催)」(編集日誌、2009-01-18)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090119/1232321266

だが、

・「第3回ARGカフェ@京都のライトニングトーク登壇者1名確定」(編集日誌、2009-01-21)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090123/1232665284

・「第3回ARGカフェ@京都のライトニングトーク登壇者2人目確定?小橋昭彦さん」(編集日誌、2009-01-23)

2009-02-02(Mon): 第3回ARGカフェ@京都、ライトニングトーク登壇者ほぼ確定?岡島昭浩さんと嵯峨園子さん

しつこく話題にし続けていて恐縮だが、

・「第3回ARGカフェ&ARGフェスト@京都への招待(2/21(土)開催)」(編集日誌、2009-01-18)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090119/1232321266

のライトニングトーク登壇者がほぼ確定した。新たに登壇が確定したのは、

  • 岡島昭浩(大阪大学)「うわづら文庫がめざすもの?資料の顕在化と連関」
  • 嵯峨園子(中京大学情報科学研究科/ソシオメディア)「ライブラリアンの応用力!」

のお二人。

これでライトニングトークの構成は以下のようになった。

2009-02-01(Sun): 第3回ARGカフェ@京都の登壇者、さらに1名確定?中村聡史さん

・「第3回ARGカフェ&ARGフェスト@京都への招待(2/21(土)開催)」(編集日誌、2009-01-18)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090119/1232321266

だが、さらに1名のライトニングトーク登壇が確定した。

  • 中村聡史(京都大学)「検索ランキングをユーザの手に取り戻す」

・Satoshi Nakamura

http://www.dl.kuis.kyoto-u.ac.jp/~nakamura/

中村さんは若手の中でも注目のコンピュータサイエンスの研究者。中村さんのつくるシステムは常に斬新であり、同時に深い設計思想が込められていて感心させられることが多い。公私両面幅で付き合いのある方でもあり、どのようなライトニングトークになるか非常に楽しみ。

2009-01-29(Thu): 第3回ARGカフェ@京都の登壇者続々と確定?新たに6名確定

少し間が空いてしまったが、

・「第3回ARGカフェ&ARGフェスト@京都への招待(2/21(土)開催)」(編集日誌、2009-01-18)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090119/1232321266

の続報をお伝えしておきたい。参加者・登壇者ともに順調に増えている。今日までに新たに確定したライトニングトーク登壇者は以下の6名。

  • 小篠景子(国立国会図書館)「題目未定」
  • 三浦麻子(神戸学院大学)「題目未定」
  • 谷合佳代子(大阪産業労働資料館 エル・ライブラリー)「題目未定」
  • 村上浩介(国立国会図書館)「テレビからネットへ」
  • 後藤真(花園大学)「人文「知」の蓄積と共有?歴史学・史料学の場合」
  • 福島幸宏(京都府立総合資料館)「ある公文書館職員の憂鬱」

参加者枠は残り30席ほど、登壇者枠は残り2枠ほど。参加・登壇をお考えの方は、ぜひ早めのお申し込みを!

2009-01-23(Fri): 第3回ARGカフェ@京都のライトニングトーク登壇者2人目確定?小橋昭彦さん

参加者募集中の

・「第3回ARGカフェ&ARGフェスト@京都への招待(2/21(土)開催)」(編集日誌、2009-01-18)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090119/1232321266

だが、順調に参加者とライトニングトーク登壇者が集まっている。

・「第3回ARGカフェ@京都のライトニングトーク登壇者1名確定」(編集日誌、2009-01-21)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090123/1232665284

で最初の1人目の確定を伝えたが、今日は2人目の登壇者が確定した。

コンテンツ配信